「横浜航路の信号を遵守すること!」
    
                            (2015.7.16)

東京西航路入航について(注意喚起)

  「東京西航路入航の際は、管制信号よし!

        の指差呼称を励行すること!!」
                            (2014.12.22)

   ★当直表への公 務・公用表示は
   前 日の15:00頃に反映さ れます★
沈船情報のお知らせ
 北緯35’31分8 東経139’53分5
 (東京沖ブイから南東方向)
 プレジャーボート(長さ8.5m)
 付近を航行される際は、注意をお願いします。

  24日0630時-0800時巡視艇「ゆりかぜ」による付近警戒
  24日0930時から潜水艇による調査 ← 発見できず、捜索中
 
(2020.12.01 オペレーション部更新)

(大 黒)A・B灯標整備工事について
  大黒ふ頭泊地内に設置されている航路標識のA,B,C,
  の内A及びB灯標の維持補修が以下の予定で行われま
  す。

  A灯標の撤去及び新A灯標が設置されます。
  撤去作業にはクレーン付き台船と鋼台船を使用して
  行われる。
  ①A灯標調査・準備作業:2020年12月8日
  ②A 灯標撤去及び新灯標設置:2020年12月10日
   ③B仮灯標調査・準備作業:2021年3月2日
  ④B仮灯標撤去及びB灯標設置:2021年3月3日
     (①~④の作業は昼間のみ)
  ※撤去、設置工事中警戒船を1隻配備。
2020.11.19  オペレーション部)

大井埠頭4バースコンテナクレーン更新工事について
 題記に関し、以下の日程で台船からコンテナクレーン3基
 を岸壁に陸揚げする作業の連絡がありましたので、お知ら
 せいたします。
 ①台船は岸壁に直接係留します。
 ②クレーンのカンチレバーは伸びたままになり、岸壁から
   海上に約100mの位置になります。
 ③作業予定日:2020年12月7日~13日までの予定。
  ※作業状況は、本部執務室に掲示しますので、ご確認
    下さい。
 (2020.11.10 オペレーション部)

大黒埠頭ヤードでの ケーソン鋼殻等陸揚げ作業
 下記作業期間中は、横浜航路航行時、大黒Tバース
 入出港の際はご注意願います。
 
1.工事期間 : 11月21日~11月26日、12月9日~11日まで
          作業は日中のみを予定
 2.作業内容 : 大黒埠頭ヤードのおいて、海上から ケーソ
                       ン鋼殻及び止水蓋を700t吊起重機船「大和」
                       又は3000t吊起重機船「富士」を使用して台船
                       から陸揚げする予定。
 3.安全対策
  ①作業中及び夜間係留中は、警戒船を2隻配備
  ②起重機船のケッジアンカー上の海面上と水深5mの
    位置を明示する黄色ブイ(4秒1閃光)を設置
  詳細は会長業(海)第20-067号、(海)第20-071号をご参照
  下さい。
    (2020.11.16  オペレーション部 更新) 

三井埠頭セメントドルフィン岸壁工事のお知らせ
 題記に関し、起重機船、杭打ち船及びクレーン台船を
 使用し、以下の期間で工事が行われる旨の連絡を受
 けました。
 杭打ち船とクレーン台船を使用した工事中は、ケッジ
 アンカーを使用しての工事になります
 三井埠頭南桟橋及び京浜運河航行の際はその工事
 区域にご注意下さい。
 ①起重機船使用工事
   工事期間:2020年11月1日~11月30日まで。
 ②杭打ち船での工事
   工事期間:2020年11月2日~11月4日まで。
   (予備日は、11月10日まで予定)
 ③クレーン台船による工事
   工事期間:2021年1月~3,4ヶ月間の工事予定。
 ④全行程の作業時間 : 08:00~16:30の間に行い
   土日、祭日は休工となります。
 ⑤全行程に於いて、昼夜共、警戒船1隻が配備されます。 
 (2020.10.26 オペレーション部)

■水中障害物(錨)のお知らせ
  HB4の全面に捨錨
がございます。
 位置はホ35-26-43、ト139-40-30付近です。
  付近を航行の際はご注意下さい。
 ※錨の捜索・撤去回収工事を以下の日程で行われます。
  2020年11月21日~22日
 追記:調査の結果、捨錨は発見できず
     再調査するかは未定

(2020.11.24  オペレーション部)

横浜スパークリングトワイライト花火打ち上げの
 お知らせ
 
大さん橋で5回、新港ふ頭12回花火の打ち上げを
 行う連絡がありました。
 打ち上げ場所は、両棧橋の突端から打ち上げられ
 ます。その周りには、警戒船が3隻配備されます。
 打ち上げ期間:2020年10月31日~
         2021年1月3日までの土曜日予定。
 土曜日以外の打ち上げは、12月24,25,31日と
 2021年1月1日、3日の予定になります。
 打ち上げ時間:全日 20:00~20:05時の5分間。
 但し、12月31日は、24:00~24:05時になりま
 す。ご留意ください。
(2020.10.20 オペレーション部)

大黒ふ頭P3バース改良築造工事について
 
題記工事に関し、海上でクレー付台船を使用しての
 工事を行うとの連絡がありました。
 工事期間は、以下の通りの予定で行われます。
 なお、工事概要につきましては、4階執務室に掲示い
 たしますので、ご確認お願いいたします。
 工事期間:2020年11月9日~2021年7月頃まで。
(2020.10.20 オペレーション部)

東京ガス袖ケ浦LNG基地リーディングマーク塗装工事
   について
 
掲題の工事に伴い、リーディングマーク2基の塗装
 工事を行う旨の連絡がありました。
 塗装工事中、標識塔の状態は足場材が組まれ、メッ
 シュで養生されます。
 上部▼▲の部分を緑色のメッシュで養生し、その他の
 箇所は白色のメッシュで養生されます。
 塗装工事は以下の期間で行われますので、入港作業の
 際ご注意願います。
  工事期間:2020年10月26日(月)~12月11日(金)
 ※なお、工事場所及び塗装修理時の塔の状況は、本部
  執務室及び千葉事務所に掲示しますので、ご確認願
  います。
 (2020.10.13 オペレーション部)

N4 錨地付近の水中障害物情報
 下記座標に水中障害物が確認 されました。
  位 置35-22-34N 139-41-04E
 N4錨地への投錨、沖荷役はこれまで通り許可されます。
 (2020.10.13 オペレーション部)

東 京12号地木材投下泊地ドルフィン撤去工事のお知らせ
   ドルフィン2基が傾斜しており、撤去工事(3/18-21)予定
 されていましたが、中止になっていましたが、2020年
 9月~2021年6月の予定で、撤去作業が行われます。
 ◎1基目撤去工事について
  ①ドルフィン上部撤去工事は、700t吊起重機船を
   使用し作業中は警戒船2隻配備する。
    作業期間 : 9月26日~28日の3日間の予定。
   ①の撤去作業は9月28日終了しました。
  ②基礎杭撤去工事は、150t吊クレーン付台船を使
   用し、作業中は警戒船2隻配備する。
   作業期間 : 10月5日~11月12日の予定が、1ヶ月
          延長になって、12月中旬頃まで予定。
   付近を航行の際はご注意ください。
  (2020.12.01更新 オペレーション部)

■市原航路付近水中障害物情報
 8/20午前10時頃千葉港市原航路付近海域の北緯35度33.9分、東経140度04.4分の位置
 (I-8錨地付近)において錨鎖らしきもの(長さ不明)が確認されました。
 付近に錨泊する際はご注意下さい。
 (2020.8.20 オペレーション部)

中ノ瀬航路及び中ノ瀬西方海域深浅測量の
  お知らせ
 掲題の作業が約4ヶ月間行われる旨の連絡が
 ありました。
 深浅測量は、航路調査船1隻で行なわれます。
 作業期間 : 2020年8月17日~12月25日
 作業時間 : 08:00~17:00の間
 使用船舶 : 「べいさーち」(総トン数75トン)
 作業区域は、本部4階掲示板に掲示。
 (2020年7.27 オペレーション部)

根岸湾入港船のDM欄の表記について
 7月1日より当分の間、根岸湾の運航調整の
 トライアルを行っています。
 これにより、根岸入湾船のDM航路欄に今まで表示
 されなかった「NFW」と「時間」が表示されるようにな
 りましたが、この表示は目安の時間でありトライアル
 中の期間だけとなります。
 (2020.7.6 オペレーション部)

HBC1突堤北側掘 込部分延伸の為の護岸工事
 
1.工事期間 : 2020年6月22日~2021年3月末まで
 2.工事区域 : 本牧BC1岸壁突堤~本牧B岸壁までの
           掘込部
 3.⑤鋼管矢板打設 : 旋回式起重機船 
   作業期間 【11月12日~11月21日頃まで】
  ⑥ジャケット据付 : 旋回式起重機船、鋼台船
   作業期間 【11月28日~11月29日頃まで】
  ⑦鋼管矢板打設 : 旋回式起重機船、鋼台船
   作業期間 【11月30日~12月12日頃まで】
  ⑧プレキャストPC床板据付 : クレーン付台船、鋼台船
   作業期間 【2021年1月上旬~3月下旬頃まで】
 4.安全対策
  ①工事作業中、警戒船を1隻配備
  ②水深8mの位置を明示するブイ(4秒1閃光)を設置
  ③ケッジアンカーの位置の海面上にブイ(4秒1閃光)を
    設置
 5.注意事項
  1) ⑤⑥⑦の工事期間中は、旋回式起重機船のケッジ
     アンカーが
     B突堤海側から横浜航路側へ155m及びHBC1側へ
     約90mはみ出る形で張られます。
  2) 旋回式起重機船は、夜間B突堤寄りに退避するが、
     ケッジアンカーは張った状態になります。
   
  詳細は会長業(海)第20-070号をご参照下さい。
   以降の工事予定は詳細が分かり次第更新致します。
  (2020.10.31 オペレーション部 更新)  

大井ふ頭及び青海ふ頭前面水域維持しゅんせつ
  工事のお知らせ

 1.工事期間 : 2020年6月1日~2021年3月31日まで
 2.工事区域 : A㌽ N35°36' 19.82″ E139°46′17.68″
           B㌽ N35°36′26.02″ E139°46′26.88″
           C㌽ N35°35′55.99″ E139°46′57.23″
           D㌽ N35°35′49.79″ E139°46′48.04″
           以上の4ポイントで囲った水域。
 3.工事概要 : 自航浚渫船「海竜」による-15.3mのしゅん
                       せつ土砂運搬作業。
 4.施工方法 : ①浚渫作業時は、2~4ノットで航行しなが
            ら行う。
           ②航路内右側航行となるよう、作業を行う。
 5.安全対策 : ①浚渫作業中は、警戒船1隻(VHF搭載)
            を作業船の進行前方に配備する。
           ②作業前、作業中は東京湾海上交通セン
            ター及び東京ポートラジオと連絡を随時
            行い、船舶の運行情報等を収集する。
           ③夜間作業は行わない。
  (2020.6.2 オペレーション部)

京浜港横浜区YL5錨地における停泊指定の運用について
 下記YL5錨地内にて土砂揚土等工事が行われます。錨泊
   される際はご注意ください。
  ①令和2年6月1日~令 和3年3月31日(作業の進渉状況に
  より変更される事があります)
  ②作業区域(次の各地点を結んだ線により囲まれた海域)
  イ N35-24-00.00 E139-41-27.00
  ロ N35-24-17.00  E139-41-37.00
   ハ N35-24-14.00  E139-41-46.00
  ニ N35-23-56.00  E139-41-36.00
  ホ N35-23-54.00  E139-41-34.00

 ※また、YL5錨地には2隻停泊可能ですが、工事期間中は
   作業区域を加味し、2隻のうち1隻は全長170mまでの船
   舶に制限されます。

  ※YL-5錨 地に2隻 停泊可能な場合で本船LOA170m
  以下の場合、北側錨地(②)に投錨をお願いしま
   す。

  又、本船LOA170mを 超える場合は南 側錨地

  (①)に 投錨をお願いします。


  (2020.9.17更新 オペレーション部)

水中障害物情報(錨鎖)
 千葉港船橋水路付近海域の北緯35度36分3秒、東経139度59分34秒の位置において、
 海底に錨鎖(約15m)が確認されました。
 付近に錨泊する際は、十分ご注意ください。
 (2020.4.23 オペレーション部)

■ 感染症対策へのご協力をお願いします

『三つの密(密閉・密集・密 接)』を避けましょう
新 型 コロナウイルスを含む感染症対策の基本は「手 洗い」「マ スクの着用を含む咳エチケット」で す。
 (2020.2.27 総務部)

Y1錨地の水深減少について
  日時:令和2年1月7日2320時
  位置:北緯35度 26分 41.9秒
     東経139度 42分 37.3秒
  バージ船と貨物船の衝突が発生。バージ船が船体保持の
  ため、積荷の土砂約1,700トンを緊急投棄しました。
  水深減少(水深約19m)がありますので、付近を航行の際
  はご注意下さい。
  (2020.1.8 オペレーション部)

東 扇島堀込部土地造成事業における護岸工事の
   お知らせ(期間延長)
「会長業(海)第19-081号参照」
  東扇島堀込部(KO1、2バース前面)において、海面
    埋め立てによる土地造成を行う為、
護 岸工事を行
    っています。

  この度、工事区域の変更に伴い設定されてい た灯
  浮標が
、2020年11月16日に撤去され、当分の間
  工事区域が解除されます。
  但し、堀込部付近には引き続きガット
船 が入出港
  されますので、付近を航行する際は十分ご注意下
  さい。

  工事期間:2018年7月2日~2024年度頃まで予定。
  (2020.11.9更新  オペレーション部)
 
千葉港市原防波堤内捨て錨のお知らせ
 I-錨地付近に捨て錨があるとの情報がありました
  ので、ご注意願います。(東京汽船、利根丸情報)
 位置: 35°33.19.32’N 140°05.14.40’E
 (2019.11.21 オペレーション部)

捨て錨のお知らせ(川崎2区)
  下記位置において捨て錨(ロープ付き)が存在します。
  付近を航行の際はご注意ください。

  位置 :KL錨地北東端付近(錨地外)
  錨   :ダンフォース 約25kg
  ロープ:約30m
  (2019.11.6 オペレーション部)

横 浜本牧海釣り施設灯の消灯のお知らせ
  令和元年9月11日18時00分現在、横浜本牧海釣り
  施設灯が消灯しています。

  付近航行船舶にあっては、十分注意してください。
 (2019.9.11/2020.2.14 確認済 オペレーション部)

本 部水先艇棧橋突端デッキ下部のはしごについて
  現在干潮時の乗下船で使用されている棧橋突端デッキ
  下部のはしごが棧橋の奥に入り込んだ状態になってい
  ます。
  干潮時に当該はしごを使用の場合は滑る可能性があり
  ますのでご注意下さい。
  ※修理については未定です。
(2020.9.18 現在継続  オペレーション部)
 
東 京湾口における「新たな経路指定」について
  2019年3月1日より、
  「浦賀水道港航路を航行し引き続きE線を横切って
  航行しようとする船舶は、

    中心線の西側を航行する」
 中 心線を横切ることは原則禁止!
   会長業(海)第18-082号参照
  (2019.2.29  業務部)


捨 て錨情報(横浜/川崎)
http://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/yokohama/info/information/sutebyou/sutebyou.htm

下記座標に水中障害物(錨及び錨鎖6節)が確認 されました。
北 緯35度26分3663.72秒 東経139 度42分0.66秒
横 浜航路 第2灯標 北西付近
(2019.8.1 オペレーション部)

[2018.6.4 追 加]
北 緯35度28.3分 東経139度45.56分
A- KK1錨地の南側
(2018.6.4 オペレーション部)

[2017.12.11 追 加]下記座標に水中障害物(錨鎖)が確認されました。
北緯35度26.42分 東 経139 度43.29分
YL3-A錨地 外周 北西外側 0.3ケーブル地点
(2017.12.11 オペレーション部)





『下 船前にもう一度、船長サインの再確認』


2013.10.30  総務委員会 ~当面掲載のこと~)